最低限知っておきたい日本酒10選

日本酒

 

 

 

皆さんこんにちは。

日本酒ってだいたいどれくらいの種類があるかご存知ですか?

現在(平成30年)全国に約1600の蔵元と、銘柄はなんと約2万種類あると言われてます!!

 

ぴゃーー!!多い!!

とても覚えきれない!!

 

全国、海外にまで名を轟かせる日本酒もあれば逆に地元でしか出回らない日本酒もあり蔵元によって様々です。

そこで今回は「知っていれば間違いない日本酒銘柄10選」をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

十四代

山形県 高木酒造

知らない人はいない幻の高級酒。27種類ありその中のトップ「龍泉」はネットに出ればなんと60万円近くするとか!?出会えるだけで奇跡ですね。

甘く高い香りと果実に例えられるフルーティな味わいなら十四代で間違いないです。

 

 

獺祭

山口県 旭酒造

いまや世界に名を轟かせ、パリにレストランを出すほどになった知らない人はいない日本酒。

高いフルーティな香りにスッキリとした甘い味わいは大変飲みやすく、女性にもとても大人気です!

初心者でも手を出しやすい日本酒!

 

 

黒龍

福井県 黒龍酒造

幻の高級酒「十四代」に匹敵する程とも呼ばれる日本酒。

白山山系の雪解け水や東条山田錦や大野の五百万石を使用しとても強いこだわりが見受けられます。

ふくらみのあるまろやかな香りと濃醇な味わいは多くの料理と合わせることができます。

 

 

飛露喜

福島県 廣木酒造

福島県を代表する超人気酒。今では地元福島県でも手に入らず品切れ状態が続いているそうです!

旨味、甘みと大変バランスが良く食中酒のメインとして最高のパフォーマンスが期待できます。

 

 

三重県 清水清三郎酒店

2016年の伊勢志摩サミットで乾杯酒をして使われ、一躍有名銘柄に。

「ザク」と読むことからガンダムファンからの人気も博している。

口に含めば優しく包み、こだわり抜いた透明感とスッキリとした後味は多くの人を魅了しています。

 

 

而今

三重県 木屋正酒造

同じく三重県の次世代筆頭の日本酒。八反錦、愛山、千本錦など毎月違う種類を出荷しています。
温かみのあるまろやかな香りとお米の旨味をしっかりと感じることができる食中酒にぴったりの日本酒。

 

 

新政

秋田県 新政酒造

協会6号酵を生み出した蔵元。6号酵母の魅力を伝える「NO,6」シリーズや酒米ごとに異なる色をイメージした「colors」などハイセンスな日本酒を次々に発表しています。

「NO,6」シリーズはチクリと舌を刺激する微発砲をそのあとで優しく包みこむまろやかな甘さが特徴的です。

 

 

鍋島

佐賀県 富久千代酒造

九州の日本酒の代表格!社長自ら蔵に入り酒造りに参加する強いこだわりが見える日本酒。

春夏秋冬季節ごとに出荷されるムーンシリーズは味もラベルのデザインもハイセンス!

間違いなく今きてる日本酒です。

 

 

田酒

青森 西田酒造店

濃醇な味わい、米の旨味を感じたい、、、そんな日本酒を飲みたいなら田酒の名が挙がることは間違いないでしょう。

醸造アルコールを使用せず、米の魅力を最大限に引き出す日本酒。

日本酒の原点、手造りの純米酒を堪能したければ田酒を飲むべし!!

 

 

 

コメント